• ご来院の皆様へ
  • 地域の医療関係者様へ
  • 部門センターのご紹介
  • 当院のご紹介
  • 特色と取り組み
  • 採用情報
地域の医療関係者様へ

回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーション病棟とは?

脳血管疾患又は大腿骨頸部骨折、脊髄損傷等の患者様に対して日常生活動作能力の向上による寝たきり防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーション計画を医師、看護師、介護職、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー等が共同で作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。

キーワード
「日常生活能力の向上」
「寝たきり防止」
「家庭復帰」
「職場・職業復帰」

日常生活動作能力の向上

私たちは、24時間365日全てをリハビリテーション環境と考えます。全職員で、患者様の 日常生活動作能力の向上を目的としてサポートを行っています。

「日常生活動作能力の向上」

「日常生活動作能力の向上」

寝たきり防止

寝ている時間が長くなると、どうしても寝たきりとなってしまうリスクが高くなってしまいます。
当院では、回復期リハビリテーション病棟内に「院内デイサービス」を開設し、患者様の離床時間(ベッドから離れている時間)の拡大を目指しています。

職業・職場復帰

患者さんや職場の方が納得のいく職場復帰や、新たな環境での職業復帰を目指し、全職員でサポートいたします。

家庭復帰

早期に御自宅に安心・安全な家庭復帰ができる事を目指し、全職種で患者さんの家庭復帰を目的としたサポートをします。

患者様・ご家族の方々との話し合い(説明)を重視しています

患者様とご家族に対し、現在の病状やリスク面、患者さんが日ごろ「している動作」とリハビリテーションを行っている際などに出来る「できる動作」の確認、今後の目標、退院後の生活について月に一度、話し合いを設けています。
患者様やご家族の方々とこのような話し合いの場を定期的に持つことで、より効果的で計画性を持った安心・安全な退院支援の実施ができると考えています。

日常での動作、すべてがリハビリテーションと考えています

リハビリテーションとは、手足が動かせるようになるための治療だけと考えがちですが、そうではなく、患者さんが安心・安全で自立度の高い生活を送るためには、日常生活の能力向上が必要です。
その為に、医師、看護師、ケアスタッフ、医療ソーシャルワーカー、リハビリスタッフなど様々な職種が連携して、ご家族と共に、常に前向きに患者様と向かい、訓練時間以外の生活場面の能力向上に努めています。

10項目宣言

回復期リハビリテーション病棟の対象

回復期リハビリテーション病棟の対象疾患は以下の通りです。

疾患 発症から入院
(1) 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症の発症もしくは手術後 2ヶ月以内
(2) 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む他部位外傷
(3) 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節・膝関節の骨折又は手術後 2ヶ月以内
(4) 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内
(5) 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後 1ヶ月以内
(6) 股関節又は膝関節の置換術後の状態
1ヶ月以内

回復期リハビリテーション病棟入院の流れ

回復期リハビリテーション病棟入院の流れ

回復期リハビリテーション病棟入院の流れ

リハビリテーションの内容に関してはこちらをご覧下さい。

福岡青洲会病院 院内デイサービスご案内

入院生活で生活のメリハリを…
リハビリや食事以外の時間帯もベッドから離れて過ごしましょう!

院内デイサービスとは

一般的なデイサービスとは、介護保険で提供される在宅サービスの一つです。ご自宅からデイサービスに日中、通ってくる利用者様に、食事や入浴の介護、レクリエーションなどを提供しています。
利用者様が在宅で自立した生活を続けられるよう、必要な援助や機能訓練をすることで利用者様の心身の機能を維持し、家族の負担を減らすのが目的です。当院に開設されたデイサービスも基本は、同じです。ご入院中の患者様に対して、「リハビリや食事以外の時間帯も出来るだけベッドから離れて過ごしましょう!」をテーマに、4 階食堂に入院患者様の中から院内デイサービスを利用される患者様が通って来られます。病院での入院生活を少しでも楽しく元気に過ごすことを目指して、毎回10名程度の患者様に対し、看護師1 名・介護スタッフ1 名で、月曜日~金曜日の午前10 時より午後3時半までの間、4 階病棟食堂にて活動しています。
※大まかな内容については下記の院内デイサービスのスケジュールをご参照下さい。

院内デイサービスの目的

院内デイサービスでは、以下のようなことを目的としてサービスの提供を行っています。

●離床の促進
 昼の時間帯はできる限りベッドから離れた生活を送りましょう
●生活機能の維持・回復
 生活すべてをリハビリテーションと考え、心身機能の維持・回復を目指しましょう
●患者様の社会交流促進
 他の入院患者様や職員との交流を図りましょう
●楽しみの場の提供
 入院生活は、楽しく!元気に!過ごしましょう

院内デイサービスの目的

院内デイサービスのスケジュール

午前 内容 午後 内容
10:00 トイレ誘導・移動 13:20 トイレ誘導
10:30 朝の会・全身運動 13:30 全身運動
11:00 音楽療法・学習療法 14:00 レクレーション
11:40 トイレ誘導・口腔体操 15:00 お茶休憩・帰りの会
12:00 昼食 15:30 トイレ誘導・移動

月1回の季節に合わせた行事・イベントを行っています。
ぜひ一度4 階病棟食堂へ見学にお越しください!!

回復期リハビリテーション病棟入院に関するご相談は?

地域連携室までお願いします。

回復期リハビリテーション病棟入院に関するご相談は?


平成25年度実績紹介

平成25年度 在宅復帰率

在宅復帰率
復帰率(%)
4月 79.2
5月 86.7
6月 84.4
7月 73.9
8月 78.6
9月 91.3
10月 82.8
11月 77.3
12月 79.3
1月 81.8
2月 79
3月 82.8
合計 81.4

在宅復帰率

e-ラーニング

〒811-2316 福岡県糟屋郡粕屋町長者原西4丁目11番8号
電話:092-939-0010
E-mail:fukuoka@seisyukai.jp

Copyright © 2015 FUKUOKA SEISYUKAI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.