• ご来院の皆様へ
  • 地域の医療関係者様へ
  • 部門センターのご紹介
  • 当院のご紹介
  • 特色と取り組み
  • 採用情報
特色と取り組み

特色的な検査・治療のご紹介


先進リハビリテーション実践センター“HOPE”

先進リハビリテーション実践センター“HOPE”とは?

福岡青洲会病院では、地域の皆様に継続的に科学的根拠に基づいた質の高い リハビリテーションの提供を可能とするため、「先進リハビリテーション実践センター“HOPE”」を設立いたしました。先進リハビリテーション実践センターでは、下記に示すチーム毎に組織横断的に多職種でのチームを組織し、研究も含め患者さんに質の高いリハビリテーションの提供を目指します。

HOPE (Home of Pioneering Endeavors)

想い:先進的なリハビリテーションを常に実践し続ける場所となりたい。

対象者の皆様にとっての”希望”となりたい。という想いで 名付けられました。

HOPEセンター 組織図

各チームの役割

各チーム 役割
ロボットリハビリテーションチーム ロボットを活用したリハビリテーションの実践について研究・効果検証を行う。
サーキットトレーニングチーム サーキットトレーニングの質の向上及び継続的な質管理&内容の充実。トレーニングについて、研究・効果検証を行う。
治療的電気刺激療法チーム 治療的電気刺激療法の実践について研究・効果検証を行う。
経頭蓋磁気刺激療法チーム 経頭蓋磁気刺激療法の実践について研究・効果検証を行う。
ボツリヌス・CI療法チーム ボツリヌスを使った治療・リハビリテーションやCI療法について研究を行う。
NST・摂食嚥下
リハビリチーム
摂食嚥下リハビリテーションの質の向上及び研究への取り組みを実施する。
環境調整整備チーム
(住宅改修)
住宅改修に対するアドバイス能力の精度向上を継続的に目指す。
高次脳機能障害チーム 高次脳機能障害に対する福岡青洲会病院におけるリハビリテーションの確立を行う。高次脳機能障害に対するリハビリテーションの継続的な質の向上を目指し、研究・効果検証を行う。
呼吸・循環器チーム 呼吸・循環器リハビリテーションに関する質の向上及び研究への取り組みを実施する。
運動器チーム 運動器リハビリテーションに関する質の向上及び研究への取り組みを実施する。
院内デイサービスチーム 院内デイサービスの継続的な活動及び内容の見直し支援・質の向上に対する活動・研究を行う。
在宅生活支援チーム 在宅復帰した対象者の在宅生活を支援する活動・研究を行う。
健康増進チーム 地域の健康教室や介護予防事業をはじめとして、地域及び職員の健康の増進に寄与する活動・研究を行う。
データ管理
(データベース・実績)
各チームが行っているデータをはじめ、リハビリテーション部門全般の継続的にデータ管理・把握を行う。

リハビリテーション

「リハビリテーション」

「あきらめない・あせらない・楽しんで」をモットーとして
最高のリハビリテーションの提供を目指します!

リハビリテーションセンターは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・リハビリテーションアシスタント総勢約80名のスタッフにより構成されています。
予防に加えて、急性期・回復期・在宅までの一貫した流れの中で、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士など各専門スタッフが常に連携を取り合い、綿密なリハビリ計画に基づいたチームアプローチを実践しております。
また、退院された後も日常生活が不安なく過ごせるようにリハビリテーションを行います。
早期リハビリテーション開始および早期退院を目指して365日リハビリテーション実施体制を整えております。

リハビリテーション



→ リハビリテーションセンターのご案内はこちら

高次脳機能障害に対するリハビリテーション

「高次脳機能障害」とは、頭部外傷、脳血管障害等による脳の損傷の後遺症として、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの認知障害が生じ、これに起因して、日常生活・社会生活への適応が困難となる障害ですが、当院では、専門的に必要な高次脳機能障害に対する評価を実施し必要なリハビリテーションを提供しております。
高次脳機能障害に対するリハビリテーションに関しては、当院の専門外来である「物忘れ・高次脳機能障害外来」との連携でリハビリテーションの相談に応じております。

当院で実施している高次脳機能障害の評価

認知機能・知能検査

  1. MMSE(ミニメンタルステート検査)
  2. HDS-R(長谷川式認知診査スケール)
  3. WAIS-R
  4. WAIS-III
  5. レーブン色彩マトリックス検査
  6. コース立方体組み合わせテスト

記憶の評価

  1. RBMT(日本版リバーミード行動記憶検査)
  2. WMS-R(日本版ウェクスラー記憶検査)
  3. 三宅式対語学習検査
  4. Ray複雑図形再生課題
  5. ベントン視覚記名検査

遂行機能評価

  1. BADS
  2. WCST

半側空間無視評価

  1. BIT

失語症検査

  1. SLTA(標準失語症検査)
  2. SLTA-ST(標準失語症検査補助テスト)
  3. 重度失語症検査
  4. WAB失語症検査

その他

  1. CAT・CAS(標準注意検査法・標準意欲検査法)
  2. TMT
など


脳卒中に対するリハビリテーション

脳血管疾患等の患者さんに対するリハビリテーションは、必要不可欠です。 発症後早期のリハビリテーションの実施状況により、予後は大きく左右されます。 当院では専門のリハビリスタッフにより発症後早期よりマンツーマンでリハビリテーションを実施いたします。
それぞれの障害に併せ必要なリハビリテーションプログラムを立案し、急性期365日リハビリテーションを実施しております。
また、当院では、積極的に装具(ゲイトソリューションデザイン)を活用した早期歩行獲得を目指したリハビリテーションを実施しております。

先進のトレーニングシステム「IVES®」導入!


先進のトレーニングシステム「IVES®」導入!

「脳卒中」などが起こると、その後遺症で手や脚にまひが残ることがあります。麻痺の回復にはリハビリテーションが重要で、当院においても様々な方法を試みています。当院では、様々な取り組みの一つとして電気刺激を使った最近注目されている「随意運動介助型電気刺激装置(IVES®)」という新しい装置を導入しています。
筋肉への弱くなった電気信号を増幅させ身体を動かすとき、脳からは動かしたい筋肉に指令が送られます。指令は、電気信号として神経を通り、筋肉に伝えられます。それによって、筋肉が収縮して身体を動かすことが出来ます。IVES®は、脳に障害を受けたことにより、筋肉への筋電信号が弱くなったりした場合に、患者さんの筋電信号を的確にキャッチし、最も適した電気の刺激をオート制御で出力し、筋肉の動きを改善させることを目指した先進のトレーニングシステムです。
※IVES®の使用にあたっては、患者さんの状態により適応が異なります。

サーキットトレーニング

入院中、疾患による影響が薄れると同時に退院するために必要なことは、まさに基礎体力の向上であり、筋力・心肺機能・柔軟性の向上が早期退院や退院後の転倒防止に繋がります。

しかし、一般的に入院患者様のほとんどはリハビリテーションの時間以外は、ベッドで過ごす時間が大半であり、必要な基礎体力を向上するどころか、入院以前に比べ、基礎体力は落ちてしまうケースが多く見受けられます。

当院では充実したリハビリテーションとその他の時間を有効に使うための自主訓練を提供しています。しかし、一度脳卒中や骨折、その他疾患によって、基礎体力が低下し、退院が困難な患者様に対しては、更なる運動量を確保する必要があるという考えに至りました。

そこで当院では、患者様の基礎体力向上を図り、円滑な退院を支援し、安全な退院後の生活を送っていただくために、サーキットトレーニングを導入しました。

サーキットトレーニングとは「あらかじめ決めた一連の運動を繰り返すことによって、基礎体力の養成をはかる練習法」です。

現在は、科学的根拠(エビデンス)に基づいた上下肢の関節分離運動や手指の巧緻動作運動、立ち座り訓練、下肢筋力増強訓練、バランス訓練などを中心に毎日最大で2時間程度の運動を提供させて頂いております。

参加者からは「早く退院したくて、サーキットを頑張った。お陰で家に帰られる。」「同じような病気を持った人と一緒だから毎日頑張れた」などの声をいただいており、今後のサーキットトレーニング継続の必要性を感じております。

先進リハビリテーション実践センターHOPE企画セミナー一覧

先進リハビリテーション実践センターHOPEでは、定期的にセミナーを開催しております。
外部の皆様の参加も可能です。セミナー開催情報は、福岡青洲会病院ホームページにて御案内しております。


日程 ニューロサイエンスセミナー
H24.9.22 第1回ニューロサイエンスセミナー
「脳卒中後の神経可塑性と運動機能回復」
講師:畿央大学大学院健康科学研究科
畿央大学健康科学部理学療法学科   教授 森岡 周 先生
「機能回復を目指した脳卒中リハビリテーションの理論と実際」
「ロボットスーツHALの可能性」
講師:福岡青洲会病院 先進リハビリテーションセンターHOPEセンター長 井上 勲
ロボットリハビリテーションチーム チーフ 堤 偉史
H25.2.23 第2回ニューロサイエンスセミナー
「脳卒中のリハビリテーション-目的を持った治療選択」
講師:兵庫医療大学リハビリテーション学部 佐野恭子先生
「画像診断から考えるリハビリテーションのゴール設定」
「ボトックス注射後のリハビリテーション」
講師:福岡青洲会病院 先進リハビリテーションセンターHOPEセンター長 井上 勲
H25.8.18 第3回ニューロサイエンスセミナー
「脳卒中後の神経可塑性と運動機能回復」
講師:畿央大学大学院健康科学研究科
畿央大学健康科学部理学療法学科   教授 森岡 周 先生
H26.2.1 第4回ニューロサイエンスセミナー
「脳卒中に対する課題指向型トレーニング-その理論と実際」
講師:杏林大学保健学部理学療法学科 杏林大学大学院保健学研究科
保健学専攻リハビリテーション科学分野  教授  潮見 泰藏先生
H26.8.17 第5回ニューロサイエンスセミナー
高次脳機能障害の脳内機構とニューロリハビリテーション
講師:畿央大学大学院健康科学研究科
畿央大学健康科学部理学療法学科   教授 森岡 周 先生
日程 画像診断セミナー
H26.3.16 画像診断セミナー(応用編)
「リハビリテーションの臨床に役に立つ脳解剖とその機能
         ~脳画像の理解のための考え方と実際~」
講師:福岡青洲会病院 先進リハビリテーションセンターHOPEセンター長 井上 勲
H26.5.17 画像診断セミナー(初級編)
「リハビリテーションに役に立つ脳解剖
       ~脳画像のランドマークの同定の実際 運動機能を中心に」
講師:福岡青洲会病院 先進リハビリテーションセンターHOPEセンター長 井上 勲
H26.6.29 画像診断セミナー(応用編)
H26.10.18 画像診断セミナー(初級編)
H27.3.15
(予定)
画像診断セミナー(応用編)
日程 リハビリ栄養セミナー
H26.11.22 「サルコペニアの病態生理とリハビリテーション栄養の実践」
講師:熊本リハビリテーション病院 リハビリテーション科 医師 吉村 芳弘 先生
「リハビリテーション栄養の実践例 -管理栄養士の立場から」 
講師:熊本リハビリテーション病院 管理栄養士 嶋津 さゆり 先生 
日程 ボツリヌス療法セミナー
H25.11.30 ボツリヌス療法について
講師:福岡青洲会病院 先進リハビリテーションセンターHOPEセンター長 井上 勲
リハビリテーション部 課長 峰岡 貴代美
日程 経頭蓋磁気刺激治療実践教育セミナー
H25.12.7~12.8 第1回経頭蓋磁気刺激治療実践教育セミナー
講師:くまもと温石病院 神経内科 松永薫先生 
九州大学 医学部 臨床神経生理学 緒方勝也先生
福岡青洲会病院 先進リハビリテーションセンターHOPEセンター長 井上 勲
H26.12.7 第2回経頭蓋磁気刺激治療実践教育セミナー
講師:くまもと温石病院 神経内科 松永薫先生
九州大学 医学部 臨床神経生理学 緒方勝也先生
福岡青洲会病院 先進リハビリテーションセンターHOPEセンター長 井上 勲
日程 脳科学講座
H26.9.14 ニューロリハビリテーションのための脳科学講座(1)
講師:福岡青洲会病院 先進リハビリテーションセンターHOPEセンター長 井上 勲
H26.10.4 ニューロリハビリテーションのための脳科学講座(2)
講師:福岡青洲会病院 先進リハビリテーションセンターHOPEセンター長 井上 勲
H26.10.5 ニューロリハビリテーションのための脳科学講座(3)
講師:福岡青洲会病院 先進リハビリテーションセンターHOPEセンター長 井上 勲
日程 歩行分析セミナー
H27.1.24
「バイオメカニクスの基礎と応用~片麻痺者の動きを動作分析で見てみよう~」
講師:国際医療福祉大学大学院福祉支援工学分野 教授 山本 澄子先生
H27.1.25
「3次元動画で見る片麻痺者の動き」
講師:国際医療福祉大学大学院福祉支援工学分野 教授 山本 澄子先生


診療科目

専門外来

e-ラーニング

〒811-2316
福岡県糟屋郡粕屋町長者原西4丁目11番8号
電話:092-939-0010
E-mail:fukuoka@seisyukai.jp

◎受付時間
【月~金曜】 午前8:30~11:30 午後13:00~16:30
【土曜】 午前8:30~11:30

◎診療時間
【月~金曜】 午前9:00~12:30 午後13:30~17:00
【土曜】 午前9:00~12:30

◎休診
土曜日午後・日曜・祝日

Copyright © 2015 FUKUOKA SEISYUKAI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.