• ご来院の皆様へ
  • 地域の医療関係者様へ
  • 部門センターのご紹介
  • 当院のご紹介
  • 特色と取り組み
  • 採用情報
特色と取り組み
 
リハビリセンター



リハビリテーションセンターのご紹介

リハビリテーションセンターは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・健康運動指導士のスタッフにより 構成されています。

予防から急性期・回復期・在宅までの一貫した流れの中で、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー・管理栄養士など各専門スタッフが常に連携を取り合い、リハビリテーションの計画に基づいたアプローチを実施しております。

また、発症早期からリハビリテーションを開始し、質の高い早期退院を目指して、365日リハビリテーション実施体制を整えております。

そして、退院された後も、患者様ご家族様に寄り添い、日常生活や職場復帰が不安なく実現できるように、医療・介護分野でのリハビリテーションの提供を行っております。


リハビリテーション

我々の約束

リハビリテーションセンターの特徴

総合リハビリテーションセンターの特徴


◆最近話題のPASシステムを導入しています。
電気刺激の概念を変えた「PASシステム」。「パワーアシストモード」を搭載したPASシステムは、対象者の筋電信号を的確にキャッチ。最も適した電気刺激をオート制御で出力できる先進のトレーニングシステムです。


総合リハビリテーションセンターの特徴

 (写真は、脳血管障害の患者さんに対してPASシステムを使ったリハビリテーションを実施している様子です)

リハビリテーション施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション施設基準(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション施設基準(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション施設基準(Ⅰ)
  • 心大血管リハビリテーション施設基準(Ⅰ)
  • がんリハビリテーション施設基準

対象疾患

  1. 脳血管疾患等リハビリテーション
    脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳外傷、脳腫瘍、脊髄損傷、末梢神経障害、パーキンソン病 等
  2. 運動器リハビリテーション
    骨折、切断、関節の変性、炎症性疾患 等
  3. 呼吸器リハビリテーション
    肺炎、無気肺、胸部外傷、肺梗塞、気管支残側、気管支拡張症 等
  4. 心大血管リハビリテーション
    急性心筋梗塞、狭心症、慢性心不全 等
  5. がんリハビリテーション

リハビリテーションセンターのご紹介

理学療法

理学療法部門は、急性期チーム(脳血管チーム・運動器チーム・循環器チーム)・回復期リハビリテーション病棟チームから構成されており、各チームで専門的なリハビリテーションを提供しております。
脳血管障害や整形外科疾患等の患者さんに対して早期リハビリテーション開始、早期在宅復帰を目的に運動療法、物理療法などを実施しています。
また循環器チームでは、急性心筋梗塞・狭心症・心不全・肺炎などの疾患に対して心臓リハビリテーションや呼吸リハビリテーションを実施しております。

作業療法

理学療法部門は、急性期チーム(脳血管チーム・運動器チーム・循環器チーム)・回復期リハビリテーション病棟チームから構成されており、各チームで専門的なリハビリテーションを提供しております。
作業療法部門は、急性期チーム・回復期リハビリテーション病棟チームから構成されており、各チームで専門的なリハビリテーションを提供しております。
脳血管障害や整形外科疾患等の患者さんに対して早期リハビリテーション開始、早期在宅復帰を目的に全身調整運動から日常生活に関わる動作の獲得や回復の促進を実施しています。
退院された後も日常生活が不安なく過ごせるようにリハビリテーションを行います。

言語聴覚療法

言語聴覚療法部門は、脳血管疾患の急性期から回復期リハビリテーションの患者さんを中心に、言語聴覚療法と摂食嚥下訓練を行なっています。
言語聴覚療法では、失語症及び構音障害、高次脳機能障害などの障害を抱えておられる方に、コミュニケーション手段の獲得を目指して早期リハビリテーションを実施しております。
摂食嚥下訓練では、嚥下機能に障害のある方に対して、嚥下訓練を行なうことで、口から食べることが出来るようにサポートをしています。

e-ラーニング

〒811-2316 福岡県糟屋郡粕屋町長者原西4丁目11番8号
電話:092-939-0010
E-mail:fukuoka@seisyukai.jp

Copyright © 2015 FUKUOKA SEISYUKAI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.